マインドガードDXの成分を一つ一つ見てみる

マインドガードDXの一つ一つ成分を見てみましょう。どんな成分が入っていて、どんな作用をするのでしょうか?副作用などを心配する成分はあるでしょうか?

 

公式サイトからも分かるとおりマインドガードの主成分は次の3つです
1)モリンダシトリフォリア
2)クワンソウ
3)レスベラトロール

 

まずはモリンダシトリフォリアから。これは熱帯地帯にある果物の名前で別名ハーブの女王ともノニとも呼ばれるものでした。著名な生科学者ラルフ ハイニキ−博士によってこの植物の研究が進められ、人間が本来持っている自然治癒力を正常に戻す働きがあることがわかっています。脳内で睡眠を促すセロトニンの分泌にも貢献すると言われ安眠効果が期待できます。他の睡眠補助サプリには含まれておらずマインドガードDXでのみ摂取できる安眠成分です。

 

続いてクワンソウ。ユリ科ワスレグサ属の多年草の一種でした。沖縄では昔から「クワンソウを食べると飲むとよく眠れる」と言われてきました。クワンソウの中には高い睡眠誘発効果を持つオキシピナタニンが含まれているゆえに効果をうむようです。 実際マインドガードDX以外にもクワンソウを用いた睡眠補助食品はたくさんあります。安心な自然のものを用いている上、一定の安眠効果がある素材のようです。

 

最後にレスベラトロールレスベラトロールはぶどうなどに含まれるポリフェノールの一種でした。その強い抗酸化作用によって疲れを取ったり、老化を遅めたりすると言われています。さらに睡眠覚醒サイクルを改善する効果があるとも言われており睡眠を十分にとりたい人にはピッタシの成分のようです。

 

心配な副作用ですが、これらの主要成分の副作用は確認されていません。すべて大自然から抽出された成分ですので偏った食生活をしていない限り安心して摂取することができるようです。

マインドガードDXの購入ページへ

マインドガードDXの購入ページへ